プロポーズと婚約指輪

プロポーズと婚約指輪

一般的にプロポーズするのは男性から女性へ向かってのことです。
映画やドラマのシーンでは、婚約指輪を用意していてサプライズを……みたいなこともあります。
実際にはどうなのでしょうか?
プロポーズは運命を左右する一大イベントになりますが、果たしてOKしてもらえるかどうか分からない場合は、指輪を用意しても残念ながら、
 それは無駄になります。
プロポーズをする場合に成功してもらいたいのは当然ですが、プロポーズする場合には婚約指輪を渡すのは、ケースバイケースで考えなければなりません。
この記事では【プロポーズをする場合に婚約指輪が必要なのかどうかと婚約指輪の意味】について解説します。
 
プロポーズが間違いなく成功するならば婚約指輪を彼女に渡したい気持ちは理解できますが……
 
しかしながら、彼女の指輪のサイズはわかりますか?
サイズが分かってもデザインによってフィット感が違います。
どんなデザインが好みなのかがわかればいいですが、彼女が気に入らなかったら困ります。
ひと昔前では給料の3か月分だと言われたりもしていましたが、そんな余裕がない男性もいるでしょう。
 
女性側はどのように考えているのか男性ならば興味があるところでしょう。
まだプロポーズされていない独身女性の6割ほどがプロポーズのときに何らかのプレゼントが欲しいと考えているようですが、
その中には婚約指輪も含まれています。ドラマや映画のシーンをイメージするからでしょう。
 
女性が理想としているプロポーズシーンには、婚約指輪を差し出されるサプライズが盛り込まれています。
それのほうがドラマチックだからです。演出効果ですし、これが定番ですが女性の心に刺さります。
 
ですが、必ずしもどの女性にも婚約指輪が必要とは言い切れません。
日常からジュエリーにこだわりがある女性の場合は、自分の趣味で婚約指輪を選びたいと思っているのです。
中には、プロポーズをしたあと、男性が選んだ婚約指輪を売って買い直したケースもあります。
これではドラマチックなシーンも台無しですよね。
 
プロポーズそのものに憧れを持っていて、彼氏さんが選んだ婚約指輪ならばなんでもOKという女性ならばいいでしょう。
ですが、男性と一緒に自分の好きな婚約指輪を購入してほしい女性もいるのです。
男性は自分がプロポーズする女性がどちらのタイプか、しっかり見極めておきましょう。
 
そして自分が選ぶ自信がないならば、女性と相談するのが一番です。
さりげなく聞いておくといいですね。
「もしも、プロポーズされるとした、どんなシチュエーションがいいと思う?」なんて質問してみてはどうですか?
その返事によって、プロポーズが成功するかどうかの試金石にもなります。
 
婚約指輪は女性だけしかしません。結婚指輪は男性も女性もしますから、お互いに相談できますが、婚約指輪は特殊ですね。
実際にプロポーズを受けた女性の中で、そのシーンでプレゼントを貰ったのは2割程度です。理想と現実は違うのです。
 
また必ずしも、今日プロポーズしようと計画していないこともあります。
その場の雰囲気や気持ちに高揚によって、突然プロポーズすることだってあります。
そんな場合は婚約指輪を準備することはできません。
 
よく考えたら女性はプロポーズのときにプレゼントが欲しいのはロマンチックでサプライズを希望しているからでしょう。
でも、それは婚約指輪でなければならないことはないです。
バラの花束でもいいですね。
プロポーズのときに婚約指輪を渡せなくても、「一緒に買いにいってくれますか?」という言葉だけでもいいでしょう。
 
婚約指輪は男性から女性への誠意と愛の証です。
女性が「婚約指輪なんていいよ」と言ってくれても、男性は頑張って用意しましょう。
婚約指輪をもらわなかった女性は後日「やっぱり欲しかった」と感じているようですから。



結婚指輪 手作り

婚約指輪 手作り

結婚指輪 ハンドメイド